睡眠と快眠の方法とコツTOP > 良い睡眠とは? > うつと睡眠について

うつは睡眠不足を引き起こす

 

うつの睡眠の特徴

うつは睡眠不足とセットで現われます。

うつ病になると、眠いのに寝付けないという状態になります。
眠りたいのに眠れないのは、本当に辛いことですね。なんとか寝付いたとしても、うつの睡眠は浅く、2時間ほどで目覚めてしまったりします。これを中途覚醒といいます。そのほか早朝に目覚めてしまって、それ以上眠れなかったりします。これは早朝覚醒による睡眠障害です。

うつの睡眠は、このように浅く短いことが特徴です。
人は寝始めの3時間に、深いノンレム睡眠が現われます。このときに大脳を休めています。また寝始めの3時間は、体のメンテナンスを行なう「成長ホルモン」が分泌される大事な時間帯です。これが浅かったり、途中で途切れるということは、免疫力の低下を引き起こし、体の病気を引き起こしかねません。

うつの睡眠は途切れがちでもあるので、浅い眠りであるレム睡眠が十分に取れないことも問題です。もともとレム睡眠には、うつ病を予防する役割があります。一晩寝ると、昨日の嫌な記憶が和らいだと感じるのは、レム睡眠によって記憶が整理され、自分にとって不利な記憶を薄めてくれるからです。ところがうつの睡眠は、レム睡眠が減少するので、うつを悪化させてしまうのです。

ですから、うつ病を放置していると、心身を休められないために絶望的な気分に陥ってしまい、ついには自殺という危険がなきにしもあらずです。できるだけ早期に治療することが大切になってきます

うつの睡眠に対しては、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬(睡眠導入剤)を処方するよりも、抗うつ薬やカウンセリングによって、うつ病自体を治療することが先決です。うつの睡眠は、うつ病が原因のため、病気を治せばしぜんと眠れるようになるからです。

うつと神経症は、これだけ違う

同じように寝付けない精神的な問題として、神経症の患者さんがいます。
この不眠症は精神生理性不眠といったりもしますが、うつの睡眠とは似て非なるものです。神経症がベースにある不眠症は、眠れないことをとくに気にします。「今日も寝れないのでは?」と予期不安を持ってしまいます。そのために緊張し、交感神経が優位になり、実際に寝付けないことに。つまりマイナス思考の塊です。

これに対して、うつの睡眠では、予期不安は伴いません
また精神生理性不眠の患者さんが、寝れない苦しみを医師に訴えるのに対して、うつ病の患者さんは、不眠の苦しみだけを訴えることは少ないようです。

神経症の患者さんでは、本人が言うほど眠れていないわけではなく、実際にはよく眠れていることがほとんどです。いっぽう、うつの睡眠では、本人が感じているように実際にも眠れていないという特徴があります。

うつ病を改善する栄養素とは?

うつ病は、脳内のセロトニンが少ないといいますから、日常の食事からセロトニンを多く摂るようにするといいかもしれません。ただし医師と相談するようにしましょう。牛乳や肉類、大豆、バナナにはトリプトファンが多く含まれています。これが脳内でセロトニンに分解されます。

またミネラルのマグネシウムは、セロトニン生成時に必要といわれています。
マグネシウムは、ゴマやアーモンドなどに含有されています。セロトニン生成にはマグネシウムのほかに、ビタミンB6も必要です。トリプトファン、マグネシウム、ビタミンB6がすべて含まれている果物が、バナナです。そのほか味噌に含まれているメチオニンというアミノ酸は、抗うつ剤としても使用されています。

単調な運動や太陽の光もよい

うつ病を改善し、睡眠を快眠に変えるには、単調な運動も役立ちます
よくものを噛む、ウォーキングするなどですね。太陽の光に当たると、脳内でセロトニンが産生されるので、昼に太陽の光に当たりながら散歩するといいかもしれませんね。セロトニンは、睡眠ホルモンであるメラトニンにも分解されます。

そのほか音読すると、脳内にセロトニンが増えるといいますから、うつ病の改善に効果があると思われます。

睡眠と快眠を実現する方法はこちら↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら