睡眠と快眠の方法とコツTOP > 良い睡眠とは? > 漢方を睡眠に役立てる

漢方は睡眠障害に有効

 

漢方は睡眠の不調を整えることに役立ちます。
その前に、まず西洋の医学から見ていきましょう。

西洋の睡眠薬の特徴

通常、不眠症になると西洋医学の睡眠薬が処方されます。
これはベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤といって、大脳辺縁系に直接はたらきかけます。寝れない人は、脳のこの部分が興奮していることが多いので直接、鎮静化させようとするわけです。この考えには、西洋医学の特徴がよく表れています。

現在の睡眠薬は、一昔前のバルビタール系の薬よりは、比べ物にならないほど安全になっています。医者に言わせれば、アルコールよりも安全といいます。

とはいえ大脳に直接作用するわけですから、まったく副作用がないというわけではありません。短時間作用型だと翌朝の健忘(物忘れ)、長時間作用型だと翌日に効果の持ち越し(眠気)などの副作用がある場合があります。

漢方の睡眠障害へのアプローチ

いっぽう漢方は睡眠障害を直接治そうとする薬ではありません。
大脳に直接働きかけるわけではないのです。どちらかというと、全身を統制している自律神経に働きかけます。自律神経が整えば、全身のすべての臓器、器官の調子も自然と整っていきます。西洋医学が部分を見るのに対して、漢方などの東洋医学は根本を見る、という違いですね。

漢方薬では自律神経を整えるため、不定愁訴や更年期障害、心身症、神経症、自律神経失調症など、どちらかというと医師もお手上げの症状に効果を発揮します。

漢方で睡眠を整える場合、以上のように、まずは自律神経を整えることによって、しぜんと不眠症を改善させるようにもっていきます。その結果、睡眠が快眠に変わるだけではなく、そのほかの頭痛や腹痛、生理痛、肩こり、食欲不振、めまい、動悸、息切れ、だるさなども同時に解消することが多いのです。

漢方の実際の処方

漢方の特徴として、患者さんを病名で診断するのではなく、漢方的なものさしや問診によって、患者さんの体質や症状を見極めようとします。患者さんの症状にもっとも合った組み合わせの生薬を調合しますから、人によってその組み合わせは千差万別だといえます。

漢方薬は睡眠障害に対して、即効性があるとはいえません。
どちらかというと、ゆるやかに作用して、不眠症を改善に導いていきます。その代わり体に対して無理がないので、西洋医学の睡眠薬のように副作用はありません。むしろ人間が、もともと持っている自然治癒力を引き出して、患者さん自身の力で、体調を改善するようにしてくれます。健康増進効果があるのです。

調合した漢方が睡眠の症状にぴったりと合っていれば、早ければ2日ほどで効果が現れてきます。遅くとも1週間ぐらい服用していれば、寝れない症状は改善されていきます。医師と相談しながら、3ヶ月程度を目安に飲み続けるとよいでしょう。また睡眠薬でありがちな薬物依存性はありません。耐性がついてやめられなくなるということは、漢方薬にはないので安心です。

睡眠と快眠を実現する方法はこちら↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら