睡眠と快眠の方法とコツ

 

睡眠と快眠の方法とコツをご紹介するサイトへようこそ。
当サイトでは、皆様の安眠と快眠に役立つような情報を発信していきたいと思います。

現在の日本では、睡眠に不満を持っている人が全体の3分の1に及ぶといわれています。睡眠時間が少ないことはもちろん、朝起きたときに熟睡感がないわけですね。さらに全体の5分の1の人が、睡眠の問題で深刻に悩んでいるといわれています。これほど身近になってきた不眠の問題。多くの人が睡眠と快眠を求め、夜に眠れないことを訴えているのです。

夜型社会の弊害

そこには、眠らない社会という現代の特徴が関わっています。
夜中に外出すればコンビニをはじめ、かならずどこかの店が開いています。誰かが買って売上が上がるから、夜中も開業しているわけです。テレビでは当たり前のように深夜番組が放送され、インターネットにつなげば24時間、ネットサーフィンやネットショッピングができてしまいます。

もちろん日勤以外にも夜勤の人もいるわけですが、このような夜間の行動には、必然的に「強い光」が伴います。それはメラトニンという睡眠ホルモンの分泌量を減少させるため、睡眠と快眠が遠ざかっていく結果となります。その結果、ますます夜更かし癖がつき、朝起きられないという問題を引き起こすのです。

睡眠と快眠に問題があっても、大学生や主婦なら問題はないでしょう。
しかし翌朝に学校がある小学生や中学生は、朝起きれないために不登校になってしまう社会現象が深刻化しています。これは夜中までゲーム機に興じるという生活習慣から来ているのです。ビジネスマンであれば、残業のあとに資格試験の勉強に時間を割くために、睡眠時間が短縮してしまうという問題があります。そこには、100年に一度という不況に対する予期不安が、見え隠れしています。

運動不足も不眠の原因に

睡眠と快眠が、今ほど求められている時代はありません。
睡眠時間が減少したのは、ここ数十年の間のことです。それまではパソコンや携帯ゲーム機が、まだ普及していませんでしたから、これほどの寝不足はなかったはずです。

便利さの影には、必然的に運動不足が伴います
人々は歩かなくなり、子供たちは外で元気よく遊ばなくなっています。これが疲労感の欠如をもたらし、ますます不眠症を助長させているのです。

ダイエットと安眠は同じ

睡眠を快眠にするには、まずは自分を律する必要があります
それはあたかも飽食の時代にあって、カロリーを制限してダイエットしないと、肥満になってしまうことと一緒です。際限なく夜を楽しんでいては、睡眠相がどんどん後退していき、ついには深刻な不眠症や睡眠障害ということになりかねません。

そうなるとダイエットと一緒で、行き着く先は肥満や糖尿病、動脈硬化、心疾患、脳卒中という生活習慣病ということに。欲望の赴くままに生活した結果は、意外にも一致するのです。

当サイトでは、睡眠を快眠に変えるためのヒントをご紹介しています。
寝付けないと悩む人たちに、睡眠の大切さと眠るためのコツを、少しでも伝えることができれば幸いです。

睡眠と快眠を実現する方法はこちら↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら